高校1年CSコース校外研修

高校1年CSコースの科学探究1の時間を使って、姫路市伊勢自然の里環境学習センターで校外研修を行いました。
「生物多様性と里山について」をテーマに、姫路市水族館の元館長の市川憲平氏に講義をしていただき、環境、生物、遺伝子、生態系、種の多様性について詳しく学びました。
その後フィールドに向かい水生生物の観察を行い、絶滅危惧種のタガメやドジョウ、コウイムシ、ガムシ、タイコウチなどたくさんの生き物を捕まえました。
生徒たちは大自然を満喫するとともに、里山の大切さにも気づき、環境について考える大変有意義な時間となりました。