兵庫県学校ダンス研究発表会

11月15日に第61回兵庫県学校ダンス研究発表会がたんば田園交響ホールでありました。中学生は作品『蒼いかなた』を高校生は『傍を楽にする』を上演しました。中学生は、生き生きとした生命力溢れる演技とこれまで仲間と歩んできた道のりを大切にこれからの未来の自分たちを想像した表現にコメンテーターの先生からお褒めの言葉をいただきました。高校生は、面白い動きと構成が良いと言っていただきました。創作過程は楽しさと生みの苦しみがありますが、生徒達は達成感を感じて無事に終えることができました。